HOME(Lifelog&Notes)>Notes

はじめてのマタニティ生活

最近直接お会いした方にはお伝えしておりますが、今年12月初旬に出産予定です。
おっかなびっくり、そしてワクワクしながら、初めてのマタニティライフを送っております。

今の状況

現在妊娠6ヶ月の後半で、日々お腹が成長しているような気がします。
着る服によっては正面から見るとあまりわからないみたいですが、横から見ると明らかにお腹が出てる…、ということで電車で席を譲っていただくという経験も何度かしました。(「全然譲ってなんてもらえない!」という声をよく聞きますが、私は「意外と譲ってくれる方っているんだな」と思ったくらい)

とはいえ、まだお腹が重くてしんどい!という感じでもないので、今が一番ラクな時期かもしれません。

そして、そう思えている今のうちに「保活」なるものも始めたほうがいいのかな、と思い始めているところです。

仕事と保活

出産のために里帰りするタイミングを区切りに、今のところ仕事は11月からお休みさせてもらい、出産後は徐々に再開しつつ本格復帰は春と考えています。(今お仕事でお世話になっている皆さま、そんなわけで出産後もよろしくお願いしますm(_ _)m)
それで、ちょっと早いけれど4月の保育園入園を狙って計画を立てていこうかな、と。

その場合、出産前に入園申込みをすることになるので、保活ものんびりしていられないのですね…。

先輩フリーランスマザー達の話を聞くと、フリーランスで子どもを認可保育園に入園させるのはなかなか大変らしいです。
なので、認証保育園や認可外保育園、一時保育などの利用も視野に入れつつ、できることをしていこうと、ただいま勉強中です。(結果が出たら、フリーランスの保活についても情報発信していきたいです)

つわりの記憶

こんな感じで、今はちょっと先のことを考えて期待と不安でいっぱいの私ですが、少し前まではつわりでゲンナリしてました。

いつ終わるかわからないつわりが、あんなに憂鬱なものだとは…、実際自分が経験するまで全然知りませんでした。

でも「喉元過ぎれば…」で、もうすでにその頃のことが遠い昔のようで、忘れつつある自分(笑

それもなんだかもったいない気がするので、私の場合のつわりがどんな感じだったか、書いておこうかな、と思います。

長くなりそうなので、この続きは明日以降…。

続きを書きました!